こまねこさん……?

左右のねこ
「なごや文化情報」に、私の仕事場の写真が掲載されております。
一人用こたつに、クッション、背中に本棚……の図です。

あの写真にはなかったもので、実は普段はあるもの……がこれです。
左右の姫たち。
今日も見守られて(見張られて?)、
仕事をしよう。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

中村扇辰 in シネマスコーレ

中村扇辰 中村扇辰2

入船亭扇辰  田能久/五人廻し
                     ~中入り~
扇辰   徂徠豆腐

昨夜、いっしょに飲んだ知人(落語についてはビギナーさんのようです)から
「落語会って、ネタが事前に分からないのが不満」と言われ……。
うーん。。。私はネタだしの会は原則嫌いなのです。。。
たぶん、熱心な落語ファンはほぼそうなのではないでしょうか。

その日のお客様の雰囲気を読みつつ、何をかけようか。。
あるいは、実はこんなレアなネタもかけてみたいんだが、
今日はその機があるかどうか、、、
なんて、演者さんが考えるところから始まる、
ライブの空気感が好きだから、なんですが。

でも、確かに落語ビギナーの方には、ネタだしの方がいいらしい。。
「○○」という噺があるらしいのだが、生で聴いてみたい」
というところから興味を持つ、ってこともあるんでしょうね。

落語って、初心者のうちは「噺が何か」に関心が行くのだけど、
だんだん経験値が上がってくると、
「演者さんが誰か」に関心がいくようになるのかもしれません。

なんでこんなことを長々と書いたかと言うと。

今回の「中村扇辰」、「一席だけネタだし、あとはお楽しみ」でした。
つまり、両方を満足させられる会だったのでは、と。

もちろん、それが、扇辰さんが持っている抜群の
「落語空気」のたまものだってことは、言うまでもありません。

ネタだしの方は「五人廻し」。
これは、私の好きな噺のかなり上位に入ります。
しかも、今回扇辰さんがやってくれた「おち」が好きなんです。
最近この落ちでやってくれる人がほとんどいなくて。
そうそう、やっぱりこうでなくっちゃ。

田能久、聴いているうちになんだか「まんが日本昔ばなし」
ふうの絵がくっきり浮かんできて、別世界。

徂徠豆腐って、こんなに面白い噺だったっけ?
やる人がやると、面白いんだなぁ。。。
そうなんです、やはり「誰がやるか」がやっぱり重要なのです。

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

文学講座 in 毎日文化センター 

毎日文化センターでの講座、HPからお申し込みができるようになりました。

3/18(土)の お試し1回講座は
こちらから

4月から始まる本講座(全6回)は
こちらから

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

りらっくご vol.21 in 刈谷市総合文化センター 小ホール

りらっくご22
露の 紫 「看板の一」
桂  紅雀「始末の極意」
桂  南天「崇徳院」
三味線:はやしや香穂

トーク
・ビックリ!な出来事
・今年こそ~したい

落語会レポが、1件落ちてしまってました。
すみません。

とってもアットホームな会です。
主催のことりさん、ついに「マイ膝隠し&見台」を
あつらえたとのこと。
こういうのを拝見するのもたのしいですね。

紫さん、あれ、こんないい女だったっけ?って。
さらに気っぷの良いお姐さんになりそう。

よくしってるはずの噺だけど、上方版で聴くと、
新たな発見とかいっそう腑に落ちたりとかって
ことが多々あるのですが、このたびの南天さんの
崇徳院はまさにそういう感じでした。

紅雀さんと南天さんのやりとりを聴いていると、
ほんものの喜六清八がいるように思えてきます。

りらっくごさんの情報はこちら
ことりさんが、「これからの落語会情報」をとてもまめに掲載してくれるので、
とても「頼れるブログ」です。

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

話芸集団 ぶれさんぽうず 

デビュー作の「源平六花撰」は、ありがたいことに、
なぜか、「音」にしていただく機会に恵まれているようです。

以前には、NHKの「新日曜名作座」でラジオドラマにしていただきましたが……。
NHKラジオのHP

で、再来月、四月には、東京でこんな公演が↓。
ぶれさんぽうずチラシ

「冥きより」、私の脳内イメージでは、
歌舞伎の「熊谷陣屋」と能の「隅田川」がコラボして
できた作品でした。

「ぶれさんぽうず」は、「ブレス & ポウズ」だそうです。
蜘蛛の糸に祭文……濃厚な空間になりそうですね。
楽しみ、楽しみ。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

「山三と阿国」 オーディションがあります。

名古屋市文化振興事業団さんとなぜご縁ができたかといいますと。
実は、昨年の「ミュージックマン」、今年の「白馬亭にて」に続く
来年の主催公演は、
なんと私が書き下ろしたミュージカル「山三と阿国」だからなのです。。。。

お話いただいたときはほんとーにびっくりぽんでございました。
小説家です、私。お芝居観るのは大好きですけど、
脚本なんて、書いたこと、ないですよ???
ほんとーに私でいいんですか?????
(あ、講談の台本は書いたことあります。でも、あれは基本、
 一人でやるものですから)

おまけにミュージカルだなんて。
なになに、歌詞も台詞も、書くんですと???……(゚o゚;
(あたりまえだ)

いやいや、名古屋市文化振興事業団さん、チャレンジャーです。

作曲はなんと 大島ミチルさんです。
天地人 に ごくせん の方ですよ!!!
んでもって、演出はテアトルエコー永井寛孝さん。
音楽監督は西野淳さんです。
なんとまあ良い思いをさせていただけることか。

山三と阿国 オーディション告知
この企画、キャストはオーディションで決まります。
詳細は、事業団さんのHP(ここ)で発表されますので、我こそはという方、どうぞ、ふるってご参加を。

……あ、言っておきますが、オーディション、私には何の権限もございませんので、
「インサイダー取引」はできません(笑)、ご了解ください。


テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

オペレッタ 白馬亭にて in アートピアホール

白馬亭にて
近頃どうしても和物ばっかりになっており。
しかも、ここ10年くらいに至っては、落語率ががーんと上昇(しすぎ)。

三十代はもっぱら歌舞伎、
それより前は、ストレートプレイが多かったかな。。。
(平幹二朗さんが好きだった……合掌。
 白石加代子さんも大好き。。また観たいな)
あ、音楽のライブにはまっていたこともあります、白井貴子さんや
吉川晃司さんのライブ、楽しかったなぁ。。ドリカムの野外とか。
そういえば相方と最初にいっしょに行ったのは小沢健二さんだったかな。
たぶん最後のスタンディングはピチカートファイブ。
(もうスタンディングは無理です、、体力がない(>_<)
 Yesのときは座っててもよくてほっとした)

そんなこんなで、いわゆる西洋のミュージカルやオペラ、
ってのはどうしても縁遠くなりがちです。
バレエの方が、多少親しみが
(←山岸凉子先生や有吉京子先生から得ている知識ばっかりですけど)
あります、と言っても、まったく詳しくはなく。

昨年から貴重なご縁をいただいて、名古屋市文化振興事業団さんの主催公演に
行くようになりました。昨年はミュージカル「ミュージックマン」
そして今年はオペレッタ「白馬亭にて」。

ついていけるかしらん、と思いましたが、素人の私にはもうこのあたり、
ミュージカルとの区別がつかないくらい、ポップでわかりやすい、
楽しいお芝居でした。

ただ、慣れないのが「カーテンコール」。
ちょっと戸惑っちゃいます。
(基本、緞帳が下りると頭の中で追い出しの太鼓が鳴ってしまうのだ……)
和物には基本、ないですもんね。

吉川晃司さんの名古屋城の野外ライブで「アンコール!!」って絶叫していた
私は、もう遙か時の彼方です((~_~;)。

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

「赤よろし」じゃないの?

テレビを見ていて「????」

私は花札全然知らないので、間違っていたら、ごめんなさい。
あくまで、今思いついたことを。

花札には「赤短」という札があるんだそうですね。
赤短冊

松と梅に書いてある文字、「あかよろし」と読む。
……そこまではいい。

意味は「明らかによい」だというのですが……????

平安の古文に慣れ親しんだ者からすると、
ものすごく違和感があります。

「あか」で「明らかに」となる古文の形が思いうかびません。
(語彙的にも文法的にも)
それに、「よろし」は「よし」に比べると、落ちるんです。
「まあよい。悪くない」くらいの意味です。
(よし/よろし/わろし/あし  の順だと思う)
「明らかにまあよい」なんて、変じゃないですか?

単純に「(どっちかっていうと)赤の方が良い」じゃないのでしょうか。

梅ならば 紅梅と白梅があるけど、あえてどっちがいいか、って言われれば「紅」かな。。

松ならば 赤松と黒松があるけど、あえてどっちがいいか、って言われれば「赤」かな。。

もう一つの桜に「みよしの」とあるのは、桜の名所はいっぱいあるけど、
あえてどこか一つ、って言われたら、吉野(「み」は接頭美辞ってやつです)がいいかな、
っていう意味だと思うんですが。

ああ、本当のことが知りたい。
誰か、花札詳しい方、ご存じだったら教えてください。

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

うちあわせ in 古川美術館。

打ち合わせとお茶
さあて、いろいろ、やってみましょう……。

古川美術館、新年度文学講座の概要です。

「悪女と呼ばれた女たち(上代・中古編)」

4月12日(水) 孝謙天皇~なぜ二度も即位? 
         「女帝」の素顔と生い立ち
5月2日(火) 染殿后~なぜ僧侶に魅入られた?
         「物の怪憑き」の后の周辺
6月28日(水)和泉式部~なぜそんなにモテた?
         「魔性の女」の技と正体

各 日  10:30~12:00/13:30~15:00
場 所  古川美術館 3階会議室
人 数  各日・各時間35名  

参加費  各回1,000円(呈茶券付、但し展覧会入館券が別途必要です)

詳細は古川美術館こちらTEL : 052-763-1991へお願いいたします。
※ 申込みの際は、日にちと共に午前・午後の部のいずれかをお申し付け下さい。

記念館での特番もご用意中。
おいしいお茶とお菓子をいただきながらの打ち合わせ。
お若い方のお力を借りてのプログラムを企画中! こちらも乞うご期待。

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

第九回 桃月庵白酒独演会 in  中電ホール

白酒2017.2.4 白酒2.4ネタ表

桃月庵ひしもち 真田小僧

桃月庵白酒 茗荷宿/うどんや
                     ~仲入り
桃月庵白酒 居残り佐平次

はじめ亭しげたさんの、白酒さんの会。
そうか、九回目。
着実に、お客様が増えています。

ひしもちさん、以前ははらはらどきどきの前座(!)でしたが、
今回は安心して聴いてました。若い方の変化って、楽しいね。

白酒さんの明るい毒舌はいつ聴いても気分爽快。
茗荷宿のばかばかしさが、いい。
うどんや、冬だね。。。

そして、なんとなんと、居残り!
いいねー。
たっぷり、白酒、ごちそうさまでございました。

フィクションにおける見事な詐欺師の見本みたいな、
佐平次。
この軽さで聴くのが、本寸法なんじゃないかな、って思わせる、
白酒さんの一席でした。

はじめ亭さん、さらに意欲的に続きます。
三木助さんに百栄さん。楽しみです。
(情報はこちらからどうぞ)

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR