岩倉市生涯学習センター 文学講座 第一回

王朝女性の暮らしと心
  ――雅な世界ノウラおもて――

第一回 女の計算、男の打算? 通い婚時代の女と男

岩倉の第一回。

初めての会場は、緊張しますね。
想像より会場が広くてびっくり。
天井も高くて、ゆとりのあるお部屋です。

60名の募集に、結局70名おいでくださったとのことで、
本当にありがとうございます。

ただ、あの広い空間に、ああやってゆったりご着席いただいた場合、
もう少し話し方を工夫しないといけませんね。
もうちょっと、語尾までゆっくり明瞭に話すことを意識しないと、
お聞きづらい方もいらしたかも。
反省……。
あめ=^_^=
終了後、受講生のおひとりがくださったあめ。
「先生、次は袋ごと持ってきてあげる!」と
楽しそうに言ってくださいましたσ(^◇^;)。
(やさしいミントのおいしいあめでした)

後で職員の方からお聞きしたところでは、
「講師を気に入るとあめをたくさんくださる方」らしい。
好感触、と思っていいのかな(^.^)。

次回は6/24。どうぞよろしく。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

山三と阿国、オーディション!

私が原作・台本を担当させていただいたミュージカル「山三と阿国」。
いよいよ、オーディションの詳細が発表されました。

歌、踊り、お芝居。
我こそはという方、どうぞふるってご参加ください。
詳細は、山三と阿国チラシ(公)1
山三と阿国チラシ(公)2
(クリックすると大きくなります)

あるいは、名古屋市文化振興事業団のHP(こちら)をごらんください。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

目次公開 古川美術館 文学講座 「悪女と呼ばれた女たち(上代・中古編)」その2 染殿后

文学講座 看板
5/2開講分、(今回はいつもと違い火曜日です、お気を付けください)
目次公開いたします。

染殿后~なぜ僧侶に魅入られた? ~「物の怪憑き」の后の周辺

0、イントロダクション~「悪女」ってなに?
  0―a、「歴史」として判明する染殿后とその周辺

1、説話世界から見た染殿后~「今昔物語集」より

2、「平家物語」から見た染殿后

3、「とはずがたり」から見た染殿后

**ありがたくも申し訳ないことに、現在、キャンセル待ちをお願いしております。
  詳細は、古川美術館(こちら) 052-763-1991 へお問い合わせください。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

文学講座 in 岩倉市生涯学習センター

岩倉市生涯学習センター看板
岩倉市生涯学習センターで、こんな講座をさせていただきます。
お問い合わせ、お申し込みはこちらまで
岩倉市民の方でなくても、お申し込みいただけます。
名鉄・名古屋市営地下鉄鶴舞線岩倉駅から徒歩2分。
楽しい時間を、ごいっしょに=^_^=。

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

目次公開いたします~古川美術館 文学講座

文学講座看板

いよいよ来週12(水)から始まります、新年度の文学講座。
目次公開いたします。

平成29年度 古川美術館 文学講座 
前期テーマ「悪女と呼ばれた女たち(上代・中古編)」その1

孝謙天皇~なぜ二度も即位? ~「女帝」の素顔と生い立ち
0、イントロダクション~「悪女」ってなに?
0―a、女帝という存在
0―b、孝謙の「評判」
1、なぜ、いかに即位したか
1―a、安定しない皇位継承(系図参照)と、藤原氏の台頭
1―b、皇位継承ルールとは
2、天皇、上皇、そして、もう一度天皇に~その足跡
2―a、側近の変化と仏教との関係(=両親の影響)
2―b、皇位継承はどうすべきだったのか~永遠に出ない結論と史料の限界 
3、光明子、阿倍内親王の歌(いずれも万葉集より)

*ありがたいことに、すでにキャンセル待ちが発生しております。
ただ、状況によっては、当日にお入りいただけることもございますので、
詳細は、古川美術館までお問い合わせください。

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR