大須でジャンケン/名古屋で九雀亭/小せん羽ばたくFINAL

新刊が出たり、壇上に立たせていただいたりと、何かとテンション高く過ごしておりましたが、
それでも、合間を縫って、楽しむことは、楽しんで。
まとめてのレポですみません。
大須でジャンケン
兼好さんと遊雀さん。所属団体は違うのだけれど、お二方とも三遊亭。
ハイグレードな組み合わせ!

遊雀 兼好 フリートーク

じゃんけん  やかん

遊雀 熊の皮

兼好 猫の災難
            ~仲入り
兼好 犬の目

遊雀 宿屋の仇討ち

フリートーク、お二方の「私服」も興味深い。
兼好さんは、普段も着物をお召しなんですよね、教育委員会のコントでも、和服でご登場になります。
至ってカジュアルな遊雀さんと好対照。

熊、猫、犬……動物シリーズだったのかな? いずれも軽妙に楽しく。
宿屋の仇討ち、この噺に出てくるお武家さん、万事世話九郎さん、かなり好きなキャラです。

この組み合わせは何にも考えずに、極上の笑いの新幹線に乗るみたいに、楽しめますね。

九雀亭

あまり上方の落語を聞く機会は多くないのだけど、九雀さんは先日の吹奏楽落語がとても面白かったので。
こぢんまりした会場、アットホームで楽しい会でした。
九の一 兵庫船

九 雀 片棒/蕎麦の殿様
                 ~
九 雀 らくだ

お江戸のとはかなり違う片棒。九雀さんの工夫もかなりあるのかな?
宝塚が入るのが、なるほどです(笑)。

らくだのこのオチ~!!!! すごく、いい。
気に入りました。気が利いてます。「膝を打つ」瞬間でございました。

引き続き名古屋へ来てくださるのかな? 楽しみにしてます。 


さて、と。
小せんはばたくFINAL2
この会の日は、自分が演者側にいたので、聞きにいけなかったのですが、相方が行っておりまして。
小せんさんにもご挨拶をしてきてもらいました。

豪華な3人だよね。。聴きたかった。。
これまでの会の足跡。1回目の松本以外は、全部聴いてます<(`^´)>♡!
いいのだ、どれも。
小せんはばたくFINAL
最後が聴けなかったのは残念だったけど、その代わり、自分の主催する会に小せんさんをお呼びできます。
こんな幸せはありません。楽しみ楽しみ。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

神田松之丞 講談漫遊記 in 愛知県芸術劇場小ホール

松之丞2017.11.16
神田松之丞 芝居の喧嘩
        (男伊達昔風俗幡随院長兵衛)

        ボロ忠売り出し
        (天保水滸伝)
                     ~仲入り
松之丞 神崎詫び証文
      (赤穂義士銘々伝)

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの(! 実際松之丞さんが張扇を叩くと、鶏くらいおっこってきそうな気がします)、
若き講談界の星。
じっくり聞けて、うれしいね。
これを機に、ぜひ落語のみならず、講談も名古屋で定期的に聞けますように。

「夏はお化けで冬は義士」、だそうですが、
確かに、侠客伝とかより、怪談とか義士伝の方が、聞きたいな。

年末には一龍斎貞鏡さんのシネマスコーレでの会もありますし。
いろんな生の話芸、楽しみ楽しみ。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

オースのジョー in 大須演芸場

オースのジョー2017.11.12

古今亭まめ菊 初天神

古今亭菊之丞 ねずみ
               ~仲入り
菊之丞 妾馬(八五郎出世)

なんとなんと、菊之丞さんにお弟子さん! ついに!
しかも、女子! しかも、昨年、てんしき杯で私が審査員をつとめていたブロックに出ていた子です。。。
すっかり、親戚のおばさん状態に。
なんか、芯が強そうで、頼もしい。がんばってね、ぜひまた会いましょう。

菊之丞さんの甚五郎さん。お品が良くって、貫禄があって。
余計なところの全くない、麗しいねずみ。
なんつーか、動きがひとつひとつ、きれえなんだよねぇ。。。。

妾馬。この、基本はおばかさん然とした八五郎が、
ちょっとしんみりするところを、どんな塩梅で聴くと楽しいかは、
演者と客、それぞれのコンディションでいろいろあって、本当にこういう生の芸って
一期一会だわと月並みに思うわけですが。
(しんみりが多いのがしみるときもあれば、そうじゃない時もあるのです。。)
このたびの妾馬は、過不足なし、とっても「良い加減」でございました。

オースのジョー、次は5/20らしいです、チェック(._.)φ。




テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

落語教育委員会 in 中電ホール

落語教育委員会2017.11.8
コント  敬老会謝礼編

三遊亭じゃんけん 子ほめ

三遊亭兼好 一分茶番
               ~仲入り
柳家喬太郎  同棲したい

三遊亭歌武蔵 宿屋の富

遅れておりました落語レポ、順に。

恒例コント。すっかり息もぴったり。
思わず、お水を持って兼好さんのところへ走って行きたくなる、熱演。
みなさん、講座のときも、高座のときも、
スマホと携帯、鳴ったり唸ったりしないよう、気をつけましょう。

兼好さんの軽々しく馬鹿馬鹿しく毒々しい感じ(←ほめてます!)、
余人を以て代えられませんね。

喬太郎さんの同棲したい ! 
噂には聴いていて、ぜひ一度生で聞きたいものと思っていましたが。!
人間ふとした瞬間に、「どうでもいいけど、一度くらい」してみたかったことを、思いついてしまうのかも。
アパート暮らしの後の、お母さんのやさぐれ具合が素敵。

歌武蔵さんの宿屋の富。
おーっとやっぱり年末ジャンボ、買いますかね。。。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

三遊亭萬橘独演会/辰落語/雲助、馬石 親子会

落語会のレポがまたたまり、、、11月も予定は目白押しだってぇのに。。。
すみません、まとめます。。

三遊亭萬橘独演会 in 名古屋西文化小劇場

春風亭昇市 元犬

三遊亭萬橘 替わり目
               ~仲入り
         藪入り

萬橘さんはまだまだ進化しそうな気がする。。いっぱい、企んでそうな(笑)。
楽しみにしてます。

辰ノ落シ語~入船亭扇辰 独演会 in シネマスコーレ

目黒の秋刀魚/紫檀楼古木
                  ~仲入り
ねずみ

扇辰さんでたっぷり!
秋の定番から、とっても珍しい噺(ライブで聴くのは初めての噺です)、
そして、王道感のあるねずみ。

狂歌って、江戸の旦那衆たちの必須教養だったみたい。
こういうの、もっと楽しめるといいな。
いいもの、聴いたぞ、、っていう、会でした。

五街道雲助 隅田川馬石 親子会 in 愛知県芸術劇場小ホール

桃月庵ひしもち 牛ほめ

隅田川馬石 たらちね

五街道雲助 火事息子
              ~仲入り
雲助 身投げや

馬石 井戸の茶碗 

ああ! これはごちそうさまでした。
雲助さん。「古風な噺家」の良い風情だけをぎゅぎゅっと凝縮したようなたたずまい。
火事息子、実は聴きたかったのよね。

そして、馬石さん。他の人にはない魅力があります。
笑いでえぐってこない分、噺がより立体感を増す、とでも言うのでしょうか。
それぞれの人物が、不思議なリアリティを得るのです。

雲助、馬石

さて年末シーズンへ。
今年はさらにどんな噺が聴けるでしょう。。
(贅沢を言うならば。。。文七元結とか、芝浜とかじゃなくて、、、、火事息子みたいのが、もっと聴けるといいな)


テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR