「佳作」いただきました。

国立演芸場には、「大衆芸能脚本募集」というのがありまして。

今年度は、「講談」の部、だったので、実は夏に書き上げて、応募しておりましたところ。

なんと!
 「佳作」受賞のご連絡をいただきました。

「大賞」ではないので、
応援・ご指導くださった陽子先生や京子先生には、いささか申し訳ないのですが……。
でも、「佳作」って、良い響きだと思いません? (笑:負け惜しみ?!)

タイトルは「白魚のおゆき」。
怪談です。。。うふふ。ぎゃっ!! 血みどろ、って感じの話です。
(どんなだ……)。

いつか、上演していただけるのかな? 
陽子先生のイメージで書かせていただいたけど、
たとえば、男性の先生だったりしたら、また雰囲気も変わりそう。

小説とはまた違って、「どうなるんだろう?」っていう、今後の変化が、楽しみです。

スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR