新春せと末広寄席 in 瀬戸蔵つばきホール

柳家小太郎 初天神

柳家喬太郎 禁酒番屋
                ~仲入り
鏡味仙志郎 太神楽

柳家喬太郎 ハンバーグができるまで

瀬戸、初遠征。駅から近いのはありがたいですね。
瀬戸線なんて乗ったの、いつ以来? 高校生以来?
はは。。。っ。
基本、演者さんが継続しない地方遠征は自粛しているのですが、
喬太郎さんだけは、別。
どんな会場でもお客でも、絶対楽しませてくれる方ですから。

小太郎さんも、とっても安定、どんどんパワーアップしてる気がします。
太神楽って、めでたい気分になりますね。

禁酒番屋、どこをとってもおもしろい。さすが。
私、この噺はきっと黒田藩なんだろうな、って勝手に想像しながら聞いてます、
「十時半睡」かな、なんて。
ハンバーグができるまで。ちょっぴりビターなオチが、
いろんなことを考える余韻を残してくれる、とても好きな噺です。
「同棲したい」も聞きたいな。。。

スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR