桂文我 落語百席 in OSUプラザ

笑福亭生寿 道具屋

桂 文我 餅犬

桂歌之助 ふぐ鍋

桂文我 迷い子政談
              ~仲入り
文 我 吉野狐

大須で、百席がスタート、というのに、私は「ラジオ体操ご来場カード」を忘れていったのでした……
早々から、まったく(`ε´)……でも受付の「いつでもいいよ」という奥さまの笑顔に救われる。

さてさて、もりだくさんでしたね。
ふぐ鍋、なーるほど、こういう改作、なかなか気が利いてる、、、ただの入れごとかと思った
「ふぐの調理師免許」の話が、ちゃんとオチに。いいね! です。

餅犬……いくら、なんでもなあ(笑)。左甚五郎師は落語会のスーパースターだな。

迷子政談。文我さんの「復刻」落語。例によって、細部が知りたくなる、なる。

吉野狐。これ、その後どうなるの?????! っていう上方落語の、典型の一つ。

文我さんの落語会情報はこちら 他では聞けない噺がいっぱい、聞けます。

帰宅して、ついこれを見ちゃう……。
生活圏内の画像満載で、ついつい「あー!」ってやっちゃう、私はやっぱり名古屋人(笑)。

スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR