告知板(12/3更新)

**お仕事関係の告知板です。日記の最新は、この次からをご覧ください**

ブログ訪問、ありがとうございます。
奥山景布子と申します。小説家です。
歴史物、時代物、書いております。どうぞよろしく。

・フジテレビ「ホウドウキョク」で、「たらふくつるてん」ご紹介いただきました。
こちら と こちら
からごらんいただけます(11/29分は、右の拙作書影の写っているところをクリックしていただくと、飛びます)。

・「歴史時代作家クラブ公式ブログ」で「たらふくつるてん」ご紹介いただきました。
 こちらからごらんいただけます(11/23、評者:雨宮由希夫氏)。

・「オール讀物」11月号に掲載の「ブックトーク」
「本の話web」でごらんいただけます。こちらからどうぞ。

・「東京かわら版」11月号で、「たらふくつるてん」ご紹介いただきました。36頁です。
DSC_0433.jpg DSC_0434.jpg

・「たらふくつるてん」をご紹介いただいた記事、
ネット上でもお読みいただけます。

産経新聞10/18(評者:秋山真志氏) こちら
週刊朝日10/21(評者:細谷正充氏) こちら

・安城市中央図書館の「作家が自著を語る その2」でお話しさせていただきます。
能・歌舞伎・落語~時代小説の書き手が自著を通して語る、伝統芸能の魅力と魔力
日時 平成27年12月13日(日曜日)午後2時~4時
→終了いたしました。大勢のお出まし、ありがとうございました。

場所 安城市中央図書館

日本には、古くから伝わる様々な伝統芸能や古典文学があります。
和歌、物語、能、歌舞伎、落語…。
奥山は多くの小説の素材を、伝統芸能と古典文学から得ています。
何を見て聞いてこんな小説を書いたのか。
どの資料に書いてあるのか。
日ごろはどんな生活をしているのか。
創作活動の秘密を大公開します。

関連イベントスペシャル!!
「たらふくつるてん 出版記念落語会」開催です。
ご出演は、柳家喬太郎、柳亭左龍、橘ノ圓満、のお三方。豪華です。
  →終了いたしました。大勢のお出まし、ありがとうございました。

・古川美術館 文学講座 のお知らせです。
いずれも詳細はこちらのHPをご覧ください。
お問い合わせは古川美術館まで。お電話は 052-763-1991 です。
***本年度の講座は終了いたしました。来年度の初回は4/13(水)を予定しております。
    テーマなどの詳細は、もうしばらくお待ちください。

為三郎記念館イベント「秋天の饗」にも、出番を頂戴しております(11/6、7)。
詳しくはこちら →終了いたしました。大勢のおでまし、ありがとうございました。

十二月の部。
伝統芸能百花繚乱!~元禄時代へ遊びに行こう~ in 古川美術館3階会議室
平成27年12月2日(水)13:30~15:00 →終了いたしました。ありがとうございました。
1000円(呈茶付・入館料700円別途必要)←講座参加者にお得な入館割引適用。
定員 50名程度

十月の部。
道成寺伝説~蛇と女~ in 古川美術館会議室 
平成27年10月29日(木)13:30~15:00 →終了いたしました。ありがとうございました。
1000円(呈茶付・入館料700円別途必要)←講座参加者にお得な入館割引誕生!!
定員 50名程度

九月の部。
かぐや姫の真実?!~中秋の名月に知る「竹取物語」の世界~ in 古川美術館会議室
平成27年9月25日(金)13:30~15:00 →終了いたしました。大勢のお出まし、ありがとうございました。
1000円(呈茶付・入館料700円別途必要)←講座参加者にお得な入館割引誕生!!
定員 50名程度

七月の部。 特番、こちらは記念館での夜間開催です!!!
女の執念、男の邪念、坊主の妄念……? この世でいちばん怖いのは。
   ~江戸の怪談『雨月物語』の世界」~ in 為三郎記念館

平成27年7月15日(水)18:30~20:30 
特別ゲスト:講談師 神田陽子
2500円(呈茶付・入館料込。パスポート会員さまは500円割引きになります)
定員 60名程度残席僅少です。お早めに→終了いたしました。大勢のお出まし、ありがとうございました。

六月の部。
女から声かけちゃだめなの?! 雄々しい女神、女々しい男神
   ~『古事記』豊かなる神話の世界~ in 古川美術館会議室

平成27年6月30日(火)13:30~15:00
1000円(呈茶付・入館料700円別途必要)←講座参加者にお得な入館割引誕生!!
定員 50名程度→終了いたしました。大勢のお出まし、ありがとうございました。

五月の部。
元祖イケメンはダメ男? ~〈ちはやふる〉在原業平の生活と意見~ in 古川美術館会議室
平成27年5月8日(金)13:30~15:00
1000円(呈茶付・入館料700円別途必要)←講座参加者にお得な入館割引誕生!!
定員 50名程度→終了いたしました。大勢のお出まし、ありがとうございました。

四月の部。分館「為三郎記念館」にて、「日本と遊ぶ~春爛漫の宴~」の一つとして、
  以下のタイトルでお話しさせていただきます。
    →都合により、会場が「古川美術館3階会議室」に変更になりました。
<花の色>は何の色?~伝説の女流歌人小野小町の虚像と実像 in 為三郎記念館
平成27年4月5日(日)13:00~14:30 
1,000円(呈茶付・入館料700円別途必要)←講座参加者にお得な入館割引誕生!!
50名程度 →終了いたしました。大勢のお出まし、ありがとうございました。

スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR