「解けやらぬ下関水」一挙上演 & 桂文我 落語百席 in 中電ホール

IMG_20141115_082204.jpg

桂文我 「解けやらぬ下関水」(上・下)

桂文我 掛け取り

===============

桂小鯛 動物園

桂文我 鍬盗人

桂三象 読書の時間

桂文我 不動坊
             ~仲入り
桂文我 源平盛衰記

「解けやらぬ~」は、二世曾呂利新左衛門(初代桂文之助)の作とのこと。
なかなか、おもしろい……物書き根性を刺激されます。
おほけなくも、「私だったらここ、こうするけどな……」とか、思ったりしつつ。
(梅乃を妊娠させる、ってのはどうでしょう? 
 太助さんのキャラ唐突急変の印象が、 補えるかも……、
 とか、前半は別のネタとして独立させたらどうかしら……、
 なーんて、生意気に)

怪談の後は、賑やかに掛け取り。このネタはとても好きですが、
こんな芸達者なら、はなからお金に困らないよね(笑)って。
文我さんの会だと、本当に奥様がお三味線を弾いておいでなのが、
よけいに興があります。

さて、夜の部。

鍬盗人は、狂言みたいです……そのまま、脚本にできそうな。
文我さんは、むちゃくちゃなキャラを演じてても、かわいくて品があるからかな。

不動坊。江戸版を聞く機会の方が多いので、なんとなく「夏」の噺と
思っていましたが、上方版では冬。
幽霊役の講釈師(江戸版では落語家)の震え姿がリアル(笑)です。

源平盛衰記。これはねー、仕事柄どうしても(笑)あっちこっち、にやにやしてしまうのであります。
巴は生まれ変わったらもっと美人だと思う……。女子プロレスの、豊田真奈美さんみたいな、ね。

文我さん、ますます精力的に活動中。名古屋周辺でたくさん会があります。
三が日の大須ってのもありますよ、くわしくはこちらからどうぞ。


スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR