柿木金助を聴く会&桂文我落語百席 in 中電ホール

IMG_20141115_082150.jpg金助最終回! は、芝居噺。

主役のはずの金助が全然出てこない……なんてのも、歌舞伎なんかではよくあることで。。。
舞台と客席の両方を落語家さんがやってしまう。芝居の実況中継みたいなものでしょうか。
ぜひまた拝見したいです(それまでにもうちょっと金助について調べておこう)

もう1席は竹の水仙。やりとりのあまりしつこくない、ふわっと聞ける水仙でした。

夜になって百席の方は。

露の眞 強情灸

桂文我 坊主茶屋

桂米平 短命

桂文我 お文さん
            ~仲入り
桂文我 権助芝居

坊主茶屋。よく考えるととてもえげつない噺ですが……笑えてしまうところが、落語の良いところで。

お文さん。「続きはどうなるの?」って、やっぱり思う。。
私が考えると、これは怪談になるしかない……はず。
それにしても上方の若旦那って、みんななんであんなに「わるい」んだろう……・?

権助芝居。素人でわいわい、やいやい言いながらの遊びの景色。楽しそう。
忠臣蔵や勧進帳なら誰も知っていた、っていう時代が、あったんだよね、と思うと、ちょっぴり複雑。

文我さんの会。年内はIMG_20141115_082204.jpg中電ホール。
新年から場所が変わるそうです。情報はこちらをどうぞ。

スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR