柳家右太楼 らくごライブ ファイナル in 岐阜市文化センター

IMG_20141124_145602.jpg狸札/粗忽の釘/文七元結

来年三月に真打昇進の決まった右太楼さんの、地元で長く続いている落語会です。
毎回必ず、1席以上はネタおろしがあるという、意欲的な会。
大入り満員。160人?以上、集まったお客様。

狸札。そうだ、これは恩返しの噺なんだよね、というきほんのきを、ちゃんと思い出させてくれる導入。
右太楼さんの、こういうきっちりとしたやり方がとても好きです。親方さんに肩入れしたくなります。

粗忽の釘。隣家に上がり込むくだりが出色。筋金入りの粗忽と、夫婦仲、実はとってもいいんだ~
という風情。「チンチン!」はお師匠さまの権太楼さん由来なのかな? 

文七元結。熱演で〆。右太楼さんのとてもまじめな人柄(なんじゃないかなーと、高座の雰囲気から
推測しているのですが)が、これからこの噺とどう化学変化していくのか、とても楽しみになりました。
IMG_20141123_095537.jpg抽選会でカレンダーあたり! 勢いのお裾分けにあずかれるかな(*^_^*)。
右太楼さんの情報はこちら
真打昇進により、お名前が「燕弥」となるそうです。良いお名前ですね!
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR