落語教育委員会 in 中電ホール

けーたい切ろうキャンペーンコント(?)~芝浜編

三遊亭歌むい 牛ほめ

柳家 喬太郎  カマ手本忠臣蔵
                     ~仲入り
柳家 喜多八 七度狐

三遊亭歌武蔵 甲府い

おなじみコントで幕開け~喜多八さんはとうとう台詞が一つもありません(笑)。
どこまでが打ち合わせで、どこからがアドリブか分からない、おもしろさ。

喬太郎さん。そうそう、そうかもしれないよ、なんて。男の集団のお話ってね(♪)。
やっぱり大石は市馬さんがいいんじゃないでしょうか。歌いながら進む四七士。
なぜか、吉良は小三治さんの顔が、私のイメージ。 

喜多八さん。いろっぽい幽霊小咄(?)から、どこへ行くのかな? と思っていたら、
七度狐。江戸者の粗忽感と、尼御前の色っぽく妖しいのが際立って、ますますおもしろい。。。
上方のとはやはりかなりテイストがかわりますね。。「べちょたれ雑炊」とは言わないみたい。
語感が違うから合わないんだな、きっと。

歌武蔵さんの甲府い。まじめそうな卯之吉さん(これ、人によって「善吉」さんだったりしますが、このたびは卯之吉さんでした。百川の百兵衛さんみたいで、いいのかも)、途中「雨ニモマケズ」が出てきちゃって大笑い。こういうほんわかした噺、歌武蔵さん合ってるなと思いました。

アスターミュージックさんの落語会情報はこちら菊之丞さん、呼んでくれないかなぁ。。。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR