柳家三三 ひとり会 in 中電ホール

春風亭正太郎 星野屋

柳 家 三 三 茶の湯
                    ~仲入り
三 三 町内の若い衆/鹿政談

星野屋、旦那とお妾さんの腹の探り合い(?)。北条秀司さんの「狐狸狐狸ばなし」を思い出しました……。
白石加代子さんの「百物語」の中にありましたね。

さて、三三さん。精力的に活動中、名古屋にも何度もおいでですから、さあネタはなんだろう?
と思ったら茶の湯。あれ、これ、まだだったのかな、、と思いつつ。さすが、どのキャラもいいです。
どれかがことさら立つ、というわけではありませんが、そのバランスの絶妙さこそが、きっと三三さんの魅力なのかな。

仲入り後、町内の若い衆、、お、これはかるーく下ネタのジャブ(三三さんの女性キャラってのも
いいですね、再認識)、、次はどうくるのかな? で、鹿政談。
演者さんによっては、お奉行様と出雲とのやりとりが、大げさすぎてマンガちっくになりすぎることも
あるのですが、あえて、丁寧に抑えた、上質な時代劇の味わい。その分、落ちもきれい。

見事な三席。こういうふうに、三三さんを聞けると、しあわせです。

岐阜や三重でもあるようです。情報はこちら からどうぞ。

**「鹿政談」のお奉行さま、根岸さまは、「耳嚢」の著者。
   私もちょっとだけご縁をいただいている方です。
  (「耳嚢」の中から三編ほど、お若い方向けに翻訳させていただいてます)
  
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR