柿木金助を聴く会その6 & 桂文我落語百席 in 中電ホール

IMG_20140928_100819.jpg

日付が前後してしまいましたが、9/26の落語会レポを。

桂 文我 柿木金助(その6)/うまのす

おお!凧上がった凧! さあ、どうなるのかな、この続き?

笑福亭呂好 平林

桂  文 我 棒屋

桂  ひろば 天災

桂  文 我 質屋蔵

桂  文 我 田舎芝居

「棒屋」は、「提灯屋」に似ていますけど、こちらはお店のご主人の方が一枚上手。知恵者だな。。

「質屋蔵」そうそう、質屋さんの蔵って、想像力をかきたてられます。。。

「田舎芝居」 出た! 片岡にたきもん。。。中村ぶたれもんとともに、落語界になくてはならない(?)歌舞伎役者さん。
素人芸の楽しさって、こういうどたばたなおおらかさにあるんですよね。 どうがんばったって、玄人にはかなわないんだから。

幅も懐も広い、文我さんの会の情報はこちら次回の中電ホールは10/29です。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR