芸協らくご・大須寄席 in 長円寺会館

セーフモードでも落語は聞くのだ……。

というわけで、9/11から名古屋に来てくれている芸協さんの寄席に。

桂たか治 道具屋

三笑亭夢吉 宗論

鏡味正二郎 太神楽

三笑亭夢太朗 目黒のさんま

桂 文治 肥瓶(家見舞)

桧山うめ吉 俗曲

三遊亭小遊三 粗忽の釘

前座をつとめるたか治さんの高座は、彼が大学の落研にいたときから知っていますが、
やはり前座といえどもプロになると、雰囲気が全然違いますね。
応援してます(ほとんど親戚のおばさん状態)。

夢吉さん、初めて拝聴。いいなあこの人! もっと聞きたい。ぜひ名古屋近辺へお越しください!
独演会、しないかなぁ……。

太神楽って実は好き。今年は夏に豊来家 大治朗さんを見ることができなくて寂しかったので、うれしい。
正二郎さん、大治朗さんと雰囲気がそういえば近いかしら。すっきり、ひょうひょうとした芸でした。
また来てくださいませ。

うめ吉さん!!!!!! 大ファンなのだ、実は。今もCD聞きながら書いてます。きれいでつやっぽくていいなあ。
芸者系ちりめんビブラートの正統な継承者です。もし今自分が大学生くらいだったら、絶対に弟子入り志願
しちゃうだろうと思います……。

小遊三さんのこういうばかばかしい噺ってのは、ほんとにはまりますね-。
ふわっと楽しい、トリでした。

大須寄席、今日までやってます。長円寺会館は、地下鉄伏見駅からすぐ。
まだ間に合いますよー。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR