太秦ライムライト&ガメラ

「太秦ライムライト」!(こちら
見逃さないようにしようね、と相方と話していたら、福本さんが主演男優賞とのニュース。
とてもとてもめでたいことだけど、このあたりでは名演小劇場のみ、小さな映画館だし、混むかも、急げ!

というわけで、見て参りました。
良質で優しい、正統な娯楽映画だと思います。見ていて楽しく切なくなる。
いいですね、時代劇。ちゃんとした「まげ」のものを、
ずっと作っていってほしいです、映画も、TVも。
私にはチャンバラものを書く素養がないので、原作者になれそうにないのが、とても残念。。。

と、遅めのお昼をいただいて買い物して、帰宅して、夜は。

そうだ! ガメラです。

実は、子どものときに、こういった特撮作品にほとんど接してません。
私が第一子で、母がこういったものを好まなかったので、
弟もあまり接触しないままだったようです。

今の相方は、弟とほぼ同世代、でもこちらは、特撮大好きっ子です。
影響されて解説されて、見るようになりました。
ウルトラマンも怪奇大作戦も、面白いじゃん!! 子ども時代、損した気がするな。。。
「ゴジラもいいんだけど、どちらかと言えばガメラのほうが好きなんだ……」とのこと。
ふむふむ。確かに、ガメラって、ちょっと切なくなる怪獣さんですね。。。

スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR