柳家喬太郎独演会 in 稲沢市民会館(名古屋文理大学文化フォーラム)

柳家さん坊 真田小僧

柳家喬太郎 夜の慣用句
                ~仲入り
一龍斎貞寿 夫婦餅

柳家喬太郎 井戸の茶碗

そろそろ、一回限りの地方都市遠征は、控えようかな(いろんな意味で)と思っていますが、
喬太郎さんならば、話は別。

どうするのかな、鉄板に古典から入るのかな……と思っていたら、キター! の新作。
喬太郎さんの、新作の人物造型はスゴイのだ。あまりのデフォルメとリアリティに、涙が出るほど笑う。
(「奥山」は枝豆の食べ方が、お行儀悪いらしい笑)
夜の慣用句はよーく知っている噺だけれど、それでも、とにかく、笑う。

井戸の茶碗。絶対、面白いに決まってるもん。
「長い! 長すぎる!」「困惑~」……好きな台詞がたくさんあります。
足を運ぶ価値が、あります。

8/24の、てんしき杯では、審査委員をなさるとのこと。
どんなふうに学生さんの落語を評価するのか、それもぜひ聞いてみたいなと、思うのでした。
(詳細はこちら。


スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR