柿木金助を聞く会&文我百席 その5

IMG00858.jpg

金助その五/蛍の探偵

吉の丞 遊山舟

文 我 素麺喰い

文 三 芋俵

文 我 仔猫
           ~仲入り
文 我 近日息子

金助、たぶん「次」くらいがまたストーリーが転がり始めるのかな? 復習編という感じ。

遊山舟。上方らしい噺。吉の丞さん声がいいね。

文三さんの芋俵……。この噺は、下品でビロウなんですが、そこをさらっと、でも笑いはしっかり。

素麺喰い、、「けったいな」噺。面白いのですが、マクラの流し素麺のくだりが、何度聞いても面白すぎて……。

仔猫。わーんお鍋さん、なんでネコを……。因果は解かれぬままなのが、落語らしいといえば落語らしいのですが、気になる、気になる……。

近日息子。この息子のキャラはなんなんでしょうね。ただの与太郎さんではないし。この頃では「近日」っていう言葉をみかけるだけで笑ってしまいます。

IMG00857.jpg次回は8/30。スペシャルです。
問題は、中電ホールの椅子と私の背中との相性が悪いことだ……。対策を考えよう。

珍品・名品いっぱいの文我さんの落語会情報はこちら。
一度、みそか寄席に行きたいな。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR