喬太郎のラクゴ新世界 scene21 in 電気文化会館

小太郎 疝気の虫

喬太郎 野ざらし
            ~仲入り
喬太郎 頓馬の使者

小太郎さん、いいなぁ。この人の「人でない、ありえないもの」の不思議なリアリティは、余人を以て代えがたい気がします。今後もぜひ、名古屋へ来て欲しいです。

さて、喬太郎さん。某大御所にも負けない、長くておもしろーいマクラ。なのに、
肝心の「仕込み」忘れちゃうなんて。。。中入り後に分かって大爆笑に。

頓馬の使者は、山田洋次作で、先代小さん師がなさっていた噺だそうです。
「肩の荷が下りた」って、、、いろいろ、裏読みができるぞ。。。。

次回のこの会は来年の1/25だそうです。
喬太郎さんの会は、他にも、7/15の「落語教育委員会」(残念、仕事で行けないのです)、
7/19の稲沢市民寄席など。この地域にもよく来て下さるのが、本当にうれしいかぎり。
会のスタッフの皆さんにも、感謝、感謝。
IMG00822.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR