京都へ(その3)

三日目。

チェックアウトして荷物を京都駅へ預けたら、歩いて歩いて。。東寺(ここ)です。

お寺拝観はどこも楽しいのですが、密教系はとりわけ造型の面白いモノ・コトに出会えます。ここの毘沙門天さまと所縁のあるお話を昔書いたのだけれど、、、短編1本だけ活字化したまま(「恋ノ重荷」)、続きが、、、自分にどうも「ファンタジー」的な素質がないらしい、と思い知らされてしまった部分もあったりしたのですよね、、、でも、どうにかしたいな、あのヒロインには愛着もあるし。

真言のあとは、浄土真宗へ。まずは、西本願寺(ここ)。こちらにも伏見城の遺構があるのですが、今回は残念ながら拝見できず。ただ、ここの「ブックセンター」は面白そうでした。。。また行きたいな。

さらに、東本願寺(ここ)。現在は工事中で、あまりいろいろは拝見できません。

せっかくなので渉成園(ここ)も拝見、と思いつつ、その前に休憩。ビールに餃子で一息ついていましたら、イタリア人男性と日本人女性のカップルに話しかけられました。私たちが着ていた着物に、男性が興味を持たれたようです。日本語英語イタリア語ブロークンにまぜまぜの会話で盛り上がる。イタリア人氏はフィレンツェの建築家でいらっしゃるとか。

さて、庭園に向かいます。静かで、別世界のようです。池の水がきれいだ。。。平安のお庭っぽい風情ですが、いくつものお茶室がまた違う趣。

旅の締めくくりはお土産~ということで、錦市場(ここ)へ。ここ、近所にあったらいいのに。

しかし、二人とももう若くない上に運動不足。。。ちょっと足腰鍛えないとね、と反省した帰りの新幹線でありました。

帰宅後、若のために購入した、ちっちゃなおりんをさっそく鳴らしてみました。
高く涼やかな音が長く続きます。。若、聞こえますか?
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR