柳家喬太郎独演会 in 中電ホール

春風亭正太郎  引越の夢

柳 家喬太郎  華やかな憂鬱
             ~仲入り
喬 太 郎   錦木検校(三味線栗毛)

正太郎さんは始めて拝聴。聞きやすい、はっきりした印象です。またご縁があるかな。

さて、喬太郎さん。東京の地名はピンとこないところもあるけど、でも雰囲気はよく分かるし。
錦木のラスト。この噺、構成やオチが演者さんによってけっこう違いますが、喬太郎さんはやっぱりこうくるんだ。。。
そうだよね、うんうん。と。
もしかすると落語的ではないのかもしれないけど、物語的にはとっても腑に落ちるのでした。

喬太郎さんと談春さんの落語は、モノカキとして唸らされる部分がとてもが多いのよね。。。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR