柳家三三ひとり会 in 中電ホール

三遊亭 歌太郎 「薬缶」

柳 家 三 三  「百年目」
             ~お仲入り
柳 家 三 三  「猫の皿」

          「長屋の花見」

歌太郎さんの「薬缶」。これ、個人的に好きな噺なのです。丁寧に演じているなという印象。

三三さん。安定感抜群。なんだか、貫禄さえ感じます。。けど、重くないのが、三三さんのうれしいところ。
「百年目」は、終盤の旦那と番頭さんとのやりとりがけっこう難しいと思うのですけど。程よく聞かせていただきました。
この地区での三三さん情報は、こちら。 7月にはアートピアだそうですよ!
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR