桂文我独演会 in 中電ホール 東の旅通し

体二つ欲しい。。と言えば。
実は一之輔さんと、文我さんの「東の旅」の往路が重なっておりまして。。。
このたびは復路のみの参加となりました。

文 我  桑名船
米 平  軽石屁
しん吉  高宮川天狗酒盛
文 我  コレコレ博打  ~仲入り
宗 助  矢橋船
米 平  宿屋町
文 我  こぶ弁慶    ~仲入り
宗 助  走り餅
文我~生喬~文我  三十石

桑名船は、ほぼ江戸の巌流島。ややこしいのは、江戸の桑名船=上方の兵庫船、だったりして、タイトルと中身が別物になったりしていることですが、ま、落語を聞いているときにそんなことどうでもいいのですけど(笑)も、ついつい気になるのは、職業病だな。。。。
しかし、復路はビロウな噺が多いですけど、この顔ぶれだと全然下品じゃなくてあっさり笑えるところが、めでたいですね。
鳴り物や、掛け合いがいっぱい入って、こちらまで一緒に旅をしている気分になります。
往路も聞きたかったなぁ。。。

聞けませんでしたが、往路は以下のような演目だったそうです。
発端~奈良名所(文我)/野辺~似売屋(宗助)/七度狐(米平)/軽業(しん吉)/うんつく酒(宗助)/常大夫 儀大夫(米平)/鯉津栄之助(文我)/三人旅浮かれの尼買い(生喬)/宮巡り(文我)

大須から中電ホールへ。うーんやっぱり大須がいいよね。。。
ホールの好みだけで言うと、中電ホールは余り好きではありません。。。県芸小ホールの方がいいと思う。

文我さんの会、次回は3/27。情報はこちらで。柿の木金助も聞くぞ~。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR