名古屋観世会定例公演

邯鄲  古橋正邦

桶之酒 松田高義

梅   観世清和

邯鄲をどうしても見たいと思い、足を運びました。
ああ、この「帳台」=「玉座」から、様々な意味が生まれるのですね。

梅は、私にはもう一つ理解の届かない感じです。。。
和歌における梅と桜については、それなりに知識はあるつもり(大学院の古今集演習がほろ苦くも懐かしくも)なのですが。。。

スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR