桂文我独演会 in 大須演芸場

桂 まん我   時うどん

桂 文 我   五人裁き

足立秀夫 & 文我 対談
             ~仲入り
笑福亭里光   十徳

桂 文 我   関津富

もしかすると最後、の文我さんの会 in 大須演芸場。
二階まで満席。。。一応「常連」としては、いささか複雑な気持ちになります。
まん我さんは、「分を弁える」の見本みたいな。さすが、文我さんのお弟子さんです。
飛び入りの里光さん。師匠が二人いるような感じなのでしょうかしらん。また名古屋とのご縁があるといいですね。
文我さん、「五人裁き」はちょっと難しい(?!)噺です。「五人」であることに意味があるわけですね。
「関津富」「せきのしんぷ」と読むのですね。こういう、昔の「文人」には憧れの気持ちを持ちます。己の文才を、どこまで信じて生きていけることやら。。。。
私にとっての「不昧公」とでも言うべきお方を偲ばせる品が、実は大須演芸場にはあるのです。亡くなられてそろそろ2年。ご存命だったら、こたびの演芸場の危機について、なんと仰るでしょうか。。。

文我さんの会、当分は中電ホールに場所を移して開催されるそうです。詳細はこちら。 柿木金助、楽しみ楽しみ。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR