お笑いまん我道場 in ナディアパーク第一スタジオ

桂まん我 おごろもち盗人

     花筏
            ~仲入り
     蜆売り

今年の落語納めはまん我さんの会。
喉の調子が今ひとつ、ということで、時々やりづらそうなのがお気の毒でしたが、でも、そのせいで声量やテンションが少し抑え気味になったのが、また別の境地を拓きそうな予感も。

おごろもち盗人、ばかばかしさを、ほんわかと。あざとくやりすぎないのが聞いてて楽しいです。
花筏。テンポ良く運ばれていきました~。昔はほんとにこんなことがあったかも、と思わせる。お相撲ってこれくらいおおらかなのが、良いような気がします。
蜆売り。これ人情噺の部類ですよね。。ただ、まん我さんの仁と合っていて、泣きと笑いが絶妙に混ぜられてくるので、聞き終わってほっとします。
この設定とプロット、小説だったらもっとエグって重たい話にしてしまいたくなりますが、納めの落語には、まん我さんのテイストがとてもぴったりで、あったかい気持ちで帰ることができました。

次回のまん我道場は3/5です。情報はこちら。

*さて、そろそろ、独断による「今年の○席」「今年の○会」を発表しようと思います。近日。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR