桃月庵白酒独演会 in 愛知芸術劇場小ホール

花瓶

首ったけ
     ~仲入り
二番煎じ

花瓶、ライブでも音源も、はじめて聞きました! 文楽師が「逃げネタ」としてよくなさっていた、という「伝説」は聞いたことがありますが。。。 
大まじめにお馬鹿さんなことをしてしまう人々。これぞ落語界の住人です。。。

首ったけ これもライブでははじめて。いいいですね、こういうのを聞きたいのですよ、こういうのを。男と女はお互いお馬鹿さんで意地っ張りで、でもゲンキンで。いいじゃありませんか、ね。

仲入り後。マクラからさて何に行くのかな、鼠穴か、火事息子か、富久か、それとも?? と思っていたら、二番煎じ。上方出身の住人も混じり、都々逸あり、謡あり、廓の自慢話あり、のにぎやかな「夜回り」がとても楽しい。デロレンデロレンの「祭文」は、実際はどんな芸能だったのか、もうひとつイメージしづらいのですが、こんなところにも登場しているのですね。

「最近増えてきた」(白酒さん談)、女性席亭さんだそうですが、はじめ亭しげたさんは、もはや名古屋では欠かせない存在。主催の落語会情報はこちら。 おや、一之輔さんに続き、天どんさんの会があるようです。。

スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR