情妙寺寄席

IMG00607.jpg

お寺で落語、文我さんの会です。
こんな手作り感あふれる、演者さん自身のコメント入りの案内が配られるのも、この会の良いところ。

桂 二乗 阿弥陀池

桂 文我 菊江仏壇
         ~仲入り
桂 二乗 短命

桂 文我 虱茶屋

二乗さん、以前に聞いた時よりずっと魅力的に。すっきり上品、でもしっかり上方、声も聞きやすい。
阿弥陀池のドタバタ具合も、短命のカンの悪さ具合も、楽しく拝聴。上方の若手で楽しみな方がまた一人。

さて、文我さん。菊江仏壇、冷静に考えるとひどい話ですが(ま、落語はなにごとも冷静に考えてはいけないのですが)、若旦那と番頭のやりとりからのどんちゃんが楽しく。でもこのお店、代替わりしたら確実に潰れますね。

虱茶屋、聞いてるだけでむずむずしてきそうな(笑)。えげつないぎりぎりの悪戯。でもこんな手間のかかる悪戯する旦那って、何の家業してるんでしょう。。。虱に襲われる一八さんの描写がすごくておかしい。。。

文我さんの会、今月、大須でもあります。詳細はこちら。 
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR