雀三郎・喜多八 二人会 in 県芸中リハーサル室

桂雀三郎 ちしゃ医者

柳家喜多八 短命
         ~仲入り
雀三郎  素人浄瑠璃

喜多八  お直し

この顔付けでこの会場は、ちょっともったいない、、のにはワケがある。
同時刻に大須で文我さんがあったのです。。。困った人は多いでしょう。
私も体二つ欲しかった。。耳だけでも? なんて。
文我さんは、来月、情妙寺と大須、両方に行くことにして。。
(ああ、でも昨夜の演目は聞きたかったなあ)

私、喜多八さんのファンなので。
(もちろん文我さんのファンでもありまして。。。おまえ気が多いだろ。。はいはい、すみません)
最近独演会がないので残念ですが。。

長めの小咄(?)から入って、「大人の」短命。喜多八さんの下ネタは面白いのだ。
「長命丸」は何の薬? うふふ。夜中に頭が持ち上がっちゃうわけですね。

「お直し」! 私はこの噺がとても好き。喜多八さん以外では今のところライブは聞いたことがありません。
男と女ってのは、こういうもんだよなあ、と思うのです。傍から見たってわかりませんて。
始めて聞いた時は、小説のヒントにさせていただきました。
今回もじっくり。ああ、私、落ちぶれ女郎の噺が好きなんだな、つくづく。
   
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR