立川談春独演会 in ナディアパーク アートピアホール

「宮戸川」

「替り目」
       ~仲入り
「宿屋の仇討」

前座さんがなしだったのは、果たしてどんな経緯だったのやら(笑)。

大根多や、師匠譲りの、いささか凝った釈ネタばかりが、談春さんの魅力ではないです。ファンとしては、どんどんおおらかに、自在にお好きなように、その時やろうと思うネタを、ぜひかけていただきたい。談志師匠だって、きっとそう思っておいでなんじゃ、なかろうか?

なんというか、一時期からすると、ちょっと肩の力抜けてきたかな、と、同い年としては、ほっとするような3席。
談春さんのやる「おばあさん」がとても好きです(笑)。
「宮戸川」の若い二人、ちょっと喬太郎さんテイストの入った感じ?の、「甘酸っぱ感」、にやにやしちゃいます。
あと、「替り目」の夫婦模様がすごくいい。これ、演者さんによって、すごく風情が違うのです。
思わず、今日の夕飯はコンビニのおでんになりました。

万事世話九郎のお茶目も、いいね。

こっちもがんばるぞ、と素直に思わせてくれる、落語会。
どうぞまた、繰り返し名古屋に来て下さいますように。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR