橘屋文左衛門独演会 in ナディアパーク第一スタジオ

文左衛門 転宅

     手紙無筆
         ~仲入り
     竹の水仙

はじめ亭さんによる、文左衛門さんの会。今回で五回目になります。

いつも直球勝負の落語、という印象でしたが、今回はそこへ緩急自在、が付け加わった感じ。
人物にものすごくかわいげがあって。
こういう、「こわもて」な風情のある演者さんからにじみ出る「かわいい」は、
なんとも聞いてる方がトクした気分になります。

転宅の、籠絡される泥棒さん。お菊さんとのやりとりがとてもチャーミング。

竹の水仙、お武家さんの名が「上田馬之助」、、始め出てきた時、お客さんは気づかないみたいだし、文左衛門さんもスルーしてっっちゃったので「?」と思っていたら、ちゃーんと後半で利いてきました。なかなか巧者だ。。

江戸落語のセレクトショップ、はじめ亭さん主催の落語会情報はこちら。。ここの席亭さんは「目利き」です。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR