桂文我独演会 in 大須演芸場

森乃 石 松 寄合酒

桂 文 我 魔風

桂 ひろば 狸の化寺

桂 文 我 冬の遊び
       ~仲 入 り
桂 文 我 抜け雀

石松さんの名前から、文我さんのマクラで浪曲トークが炸裂。次郎長物語ダイジェスト。名古屋の「鍋屋町」は、東区、今だと住所は泉になっちゃうのかな?

ひろばさん、楽しい化寺。狐に比して、狸って明るい風情になります。、、、顔が丸いから???

魔風、、、ビル街ではよく吹いてる? うーん、でも天狗さんは、きっと今の街にはきてくれないだろうな。

冬の遊び。客の無茶ぶりに答える仲居さんに幇間。こういうハメモノの入る話はとても好き。

抜け雀。あんにゃもんにゃにちょこれんびんに、おひょろびり??? 上方の罵倒語って楽しい。

帰り道、相方が「次郎長、聞きたかったらうちに音源全部あるよ。。」
えっ???いつの間にそんなの揃えてたの??
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR