桂文我独演会 in 大須演芸場

笑福亭 呂 竹 江戸荒物

 桂  文 我 首提灯

 桂  歌之助 猿後家

 桂  文 我 南瓜屋政談
  ~仲入り
 桂  文 我 春雨茶屋

江戸荒物。「しばちにしが……」こういう江戸弁、今はなかなか聞かれないですね。

うーん、猿後家はやっぱり。。。先日も思いましたが、演じ手さんのせいでは全くなく(歌之助さんは言い立ても滑らかで、聞きやすいし)、この噺はだめ。ブスの心理はそんな単純じゃないぞ、なめんなよって思う。できれば聞きたくないです。

首提灯、落語ならではのSF。怪談ちっくでもあります。文我さんの「首の動き」から目が離せません。
南瓜屋。お裁き付です。上方ふうでやるとやはり感じが変わりますね。
春雨茶屋。「ちょこれんびんの、おっぺけぺ!」「あんけらそ!」……? 謎の罵倒語たちがとっても楽しい、一席でした。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR