三三の左龍の会 其の参 in 芸文小ホール

三三・左龍  オープニングトーク

さん弥 やかんなめ

左 龍 そば清

三 三 崇徳院

 ~仲入り

三 三 高砂や

左 龍 死 神

三三さんの寝言。。。笑えるけど、ちょっぴりホラーかも(笑)。

さん弥さんのやかんなめは、ニンを生かして、かな(笑)。もうちょい、お武家さまに貫禄つくと、いいですね。

そば清。。。「どーも」って、お師匠さまのさん喬さんは、得体の知れない穏やかさだったと思いますが、左龍さんのは得体の知れないかわいらしさ。なんだろうこれ。。うふふです。

崇徳院。マクラで千両みかんを期待したのだけど、やっぱり崇徳院。院さまも、後の時代にご自分の名がこんなふうに下々に(!)親しまれるとは、思いもされなかったでしょうね。。高砂やともども、三三さんの「リズムとメロディー」(+声)は、心地よくていいですねー。

死神。コワかわいい死神。この噺はやっぱり「怪談」なのだろうか。。。。

名古屋の落語会プロデューサーとして、今やなくてはならない存在、
アスターミュージックさん発の落語情報はこちら。 
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR