神田陽子先生講談教室 & 柳家喬太郎独演会

月1のお楽しみ、陽子先生の講談教室。
本日は「鼓ヶ滝」。

これ、ほんわかした雰囲気+歌って? というのを伝えたいですね~。
三人の神が夢で教えてくれるのは、全部「鼓」の縁語になっているわけだ。。。。
小鼓の譜面(?)には「ツ、タ、ポ、ポ」というような口三味線ならぬ口鼓が用いられるので、鼓とタンポポは縁があるんですね、以前に小鼓方の先生が「良く鳴るように」と、鼓の胴にタンポポの画をあしらったりすることもあります、とお話されているのをうかがったのを、思いだしました。

終了後、先輩方とお茶。の後。。

柳家喬太郎独演会 in 中電ホール

さん弥 雛鍔

喬太郎 転宅

~仲入り

喬太郎 稲葉さんの大冒険

さん弥さん。独特の雰囲気です。さん喬一門も多士済々。

転宅。聞くたびに、男を籠絡する手管がパワーアップするお菊さん。堕ちていくどろぼうさんの気持ちが、ほんとにおかしい。
稲葉さん! 円丈師のお作なんですね。会場中、転がり落ちるような大笑いに。イッセー尾形さんの一人芝居にも、テイストが似ています。最後には「松の木」を背負わされてしまう稲葉さん。オチ、よくできてるって思わず手を叩いてしまいました。
稲葉さんはさん喬師の、梅原さんは権太楼師のご本名、なんていうのも、私のような半可通にはうっかり笑っちゃうポイントです。
 

スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR