根付師・梶浦明日香さん。

IMG00469.jpg

これ、なんでしょう?
(クリックしてぜひよーくご覧ください)

もちろん、栗です。。。うそ。
これ、黄楊の木でできているんです。つまり、栗の偽物(笑)。
右上の穴からは、栗を食べちゃった虫さんまで顔を出す、という見事な細工。
(虫さんは象牙なんだそうです!)

昔の日本のストラップ、とでもいうのでしょうか、「根付け」。
一つ一つがとても凝っていて、まさに小宇宙。携帯する「美術品」ですね。

これを作っている職人さん、梶浦明日香さんに、お目にかかりました。
なんと、お若い、美人です。おまけに性格も頭も良い、って感じだぞ、んでもって手先が器用ということは。
「天は二物を。。。」どころか、四物か五物くらい、与えられた方ですね。

先日、名駅で飲んでましたら、着物着てワインとチーズで馬鹿まっしぐらだった私と相方の姿がお目に留まった由。また一度改めて。。ということで。こんなご縁もあるものです。

うん! 売れたら買いたいものがまた一つ増えたぞ! 梶浦さんにお願いして根付けを誂えるのだ!
欲望と目標。良いことだ!

梶浦さんのブログはこちら。。あ、奥山の顔が出てます。。。はっはっは。見逃してやってくださいな。

スポンサーサイト

テーマ : 伝統工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR