桂文我独演会 in 大須演芸場

笑福亭生寿 鰻屋

 桂 文我 転宅

笑福亭生喬 長短

 桂 文我 皿屋敷

 ~仲入り

 文 我  左甚五郎 猫餅

鰻、鰻、、、。このお店はどうなってるのかな? 明朗で聞きやすい生寿さん、中入り後に私服姿で姿を見せてしまうのは、予想外だったでしょうね。

生喬さん。江戸の長短を聞いていると、気の長い方の人の振る舞いに違和感を覚えることも多いのですが、今日は楽しく聞けました。この話は上方言葉と相性がいいのかな? もちろん生喬さんのご人徳でもあるでしょうが。

さて、文我さん。転宅は、上方ではお梅さんなんですね。。高橋お伝の孫じゃないんだ(蝮のお政は愛知県出身?らしい)。「はげちゃん」の響きが好きです(笑)。
皿屋敷。前半に音が入るといいですね。江戸版だと後半の肝試しからが中心ですが、こちらは、因縁話の方もしっかり聞かせてもらえる形です。お菊さんがほんわか、はんなり、ちゃっかりのキャラでした。
猫餅。音源で知っているのとちょっとずつ違う(甚五郎さんが再登場しなかったりとか)のは、文我さんのお考えなのかな? 今も昔も猫は。。かわいいです!

文我さんの公演情報はこちら。

それにしても、三重県庁。。考えようね。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR