喬太郎・小せん 二人会 in じゅうろくプラザ

小せん 人形買い

喬太郎 百川

 ~仲入り 後 フリートーク

喬太郎 義眼

小せん 崇徳院

この二人の会なら面白くないはずないよなー、という会。
期待以上の、熱のこもった会になりました。と言っても、小せんさんの持ち味はあのひょうひょうとした語り口。高座のお姿がとてもすっきりと、良い雰囲気です。

占い師も講釈師も神道師さんまで登場する「人形買い」、東京以外ではなかなか聴く機会ないですね。

喬太郎さんの百川、トークの時に「実はあまりやらない、得意ではない」と言っていましたが。。いやいや、さすが。「ぴ!」の面白いこと。喬太郎さんのキャラの演じ分けはほんとにすごい。。個人的には「長谷川町の三光新道」が出てくるだけで、ちょっと良い気分になるのでした。

「義眼」も初めて聴きました。このナンセンスさは。。。この後いったいどうするのだろう? とついつい思う、のはゲスの勘ぐりなんでしょうね。

崇徳院。お内儀さんまで探しちゃうバージョン。ちゃんとこの伏線も回収されてて大笑い。

せいしょう亭さんの落語会情報はこちら。楽しみな会が目白押しです。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR