なごや 市馬落語集 in 大須演芸場

(上)               (下)

市助 道灌           市助 狸札

右太楼 ぞろぞろ       市弥  高砂屋 

市弥 転宅          市馬 黄金餅
 
 ~仲入り           ~仲入り

金山はる 風流寄席囃子    右太楼 巌流島

市馬 御神酒徳利       市馬 妾馬


演芸場、ほぼぎっしり満員。特に「下」はお二階も一杯でした。

市助さんは愛嬌あります。市弥さん、「初々しい二つ目」(by右太楼さん)。
右太楼さんは、「お囃子」でのMCもそつなく、きっちり。噺もどれも良かったです! かっちり運んで、ストーリーをばっちり聴かせる。実力派だと思います。早く真打ちに!!ね、ね!小三治会長!!

さて、副会長、の市馬さんです。
御神酒徳利、おとぎ話のような、人情話のような。こういうのを、ゆったり聴かせてくれるのが、やはり持ち味ですね。
黄金餅、意外でした。。なさるんだ。噺の「えげつなさ」が、話し終わると同時にふわっと消えていく。落語の良いところであり、市馬さんのご人格でもある気がします。
妾馬。しめっぽくならず、さらっと明るくいくのが、市馬さん流という感じ。万事ほどの良いあたりで、品良く。気持ちの良い、日曜日ののんびりした一日となりました。

スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR