三月大歌舞伎 猿之助襲名 御園座お名残

小栗栖の長兵衛

猿翁十種の内 黒塚

楼門五三桐

御園座は今月末でいったん閉館。再建がスムーズに行くといいですね。。いろんな報道がされていて、いささか心配になりますが。御園座あってこそのこの界隈だと、地元民としては切に思うので、ぜひ良い形で早く再建してほしいです。

さて、最後を飾る四代目猿之助さんに、香川照之さんこと、九代目中車さん。

私は、梅玉さん目当てに(私は梅玉会の会員でーす。もう何年になるでしょう。いつも上品で涼やかなたたずまいが素敵な役者さんです)、昼の部へ。

小栗栖の長兵衛、分かりやすい芝居です。後半にもう一ひねりほしいところなんだけど。。。まあこういうお芝居なんでしょう。武者姿のきれいな役者さんに、あれ?こんなイケメン誰? と思ったら、段治郎さん改メ月乃助さん、、そうだ! 玉三郎さんとの東文章だ! 怪我などでご苦労なさった由。これからまたどんどん活躍して欲しいです。 

黒塚、予想以上。いいですね。猿之助さんの技が惜しみなく発揮されて、梅玉さんががっちり受ける。緊張感のある、幻想的な舞台です。(そう言えば私はこの黒塚をモチーフに昔短編書いたはずなんだが。。お蔵入りしてる。。どうにかならんだろうか)

五三桐。猿翁さん心配ですが、中車さんがんばっていましたね。。。ただ、なんとなくこの舞台、これまでに見た五三桐に比べて装置が軽い?印象。持ち上がってくる時の、ゆらゆらとふわーっとした麗しい感じが、なぜか感じられませんでした。なんでだろう????

幕間に披露された、福山雅治さんからの幕。皆さんの目を集めていました。
IMG00451.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR