お酒日誌2/19

芋焼酎 蔵の神 お湯割り

白州でハイボール ロックの時には感じられなかったふわっとしたさわやかな良い香りがします。。おお。

ダークラム

「なぜ、おっさんは上から目線なのか」、、あははこのフレーズ、新書っぽいですね。
どなたか書いてくれるといいのに、このテーマ。初対面の相手に命令形で物言うってどういう日常をお送りなのかな。

この人にならどんだけ上から目線でこられてもお話聞きます、というような素敵な方は、たいてい紳士的ですから、上から目線なんかでは絶対にこないし。そういう人はそもそも「おっさん」ではなく、「おじさま」だし。

デビュー当初から応援してくださっていた素敵な「おじさま」のお一人が亡くなられてそろそろ一年。
「そのお話、早く書いてください」って声が聞こえてきそうです。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR