名古屋長唄大会 in 芸術創造センター

名古屋にお稽古場のある、長唄の諸流派から、素人さんの部、師範の部、それぞれに出演があります。
今年は都合により、夕方から拝聴することに。

自分がお稽古したことのある曲が出てくると、より楽しめます。。。もちろんそうでない曲の方が大半ですが、そういう時は、「次はどの曲をやりたいか?」を考えながら。

「まかしょ」いいな。。喬太郎さんの出囃子だし。

楽しく聞いていたら、番組の合間に、同じお稽古場に通う若いお嬢さんから「先日お渡しできなかったので。。。」とチョコレートをいただきました。。思いがけなくてびっくり。うれしいですね。。。年回り的には「娘」でもおかしくない方なんですが、いつも仲良くしてくださってます。

彼女の出番は、一番最後「神田祭り」。諸流派合同演奏です。ちゃんと暗譜してて、さすがだな。。。
え、自分は?って。。そりゃあ無理ですって。。
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR