正蔵・喜多八二人会 in 中電ホール

柳家ろべえ 鈴ヶ森

柳家喜多八 粗忽の釘

林家正 蔵 ねずみ

~中入

正 蔵 松山鏡

喜多八 五人廻し

わーい喜多八さんだ! と出かけます。

ろべえさんの鈴ヶ森。少しずつ、「教わったもの」から「自分のもの」に変わりつつある、あたりなのかな。楽しく聞きました。

正蔵さんは人気者。幅広い客層です。分かりやすい2席。

さーて、大好きな喜多八さんです。この「うふふ」感はなんなんでしょうね。一見さりげないようでいて、実はものすごく巧者。愚かしくも愛すべき男たち、キャラのオンパレード。いいですねえ。
 
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR