ガングリオン 長いおつきあい

右足の甲にあるガングリオン。
もう長いつきあいです。昨日、四ヶ月ぶりに内容物を抜いてもらいました。
抜いてもらっている間はかなり痛いんですけど(汗びっしょりになる。足の甲に注射針が刺さっている上、内容物の粘度がかなり高くて、先生も相当の力で押し出しているので。。)、一度放置していたら痛くて歩けなくなったことがあったので、この頃は頃合いを見て、3~4ヶ月でこの処置をしてもらいに行きます。

先生とも看護師さんとももうすっかり顔なじみ。

「痛くさえならなければ、大丈夫。突然消えることもあるし」

と先生。ふむふむ。

消えるといいのにな。。。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR