桂文我独演会 in 大須演芸場

吉の丞 犬の目

文 我 打飼盗人

歌之助 悋気の独楽

文 我 辻占茶屋

 ~仲入り

文 我 大名将棋

今年の、我が家の落語会初めです。やっぱり文我さんの会になりました。

吉の丞さん、聞きやすいお声ですね。犬の目とか胴切りみたいなヘンテコなお話は、ばかばかしくて明るく楽しい。(考えては、いけない、噺、ですよね)

歌之助さん、女方がなかなか似合います。そうか、あの独楽にはちゃんと紋があるんだ。。。「色」で演じられることが多いですが、こういうのを聞くとちょっと嬉しくなります。

文我さん。
打飼盗人は東京の夏泥に相当するようです。確かに展開は同じですが、互いに「すごむ」おかしさの東京に対し、上方のこちらはどこまでも茶化しながらつけ込んでいくのが全く違う印象です。「へてな~」「へてな~」笑。

辻占茶屋は好きな噺です。ハメモノの多いのと、女郎らしい女郎が出てくるのが(実は紺屋高尾とかがあんまり好きでないのです。。。)好み。文我さんの会ではここらへんも楽しみの一つ。あと、この噺で出てきたわけではないのだけど、上方の女郎の名前で時々「おちょねにこちょね」って出てくるのがなんとも可笑しい。「なんだろう?」って思ってしまうのです。

大名将棋。。紀州のお殿さまなんだ。おばかな殿が将棋をやめて落とし噺。。はそれなの。。?って噺です。このタイプの噺に出てくる家臣たちの名前が面白くって楽しいですね。石部さんはやっぱり「頭が固い」のだろうか。。。

次は年に一度の中電ホールですね。こちらも楽しみ。

スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR