桂文我独演会 in 大須演芸場

宗 助 骨つり

文 我 祝い熨斗

文我&宗助 爆笑トーク

~中入り

宗 助 はてなの茶碗

文 我 餅つき

我が家の今年の落語納めは、やはり文我さんでした。

「骨つり」、東京では「野ざらし」ですが、こちらの方が原話に近いのでしょう。二匹目のどじょうならぬ、二人目(?)の幽霊の登場が大笑いです。たしか、この原話については、野口武彦先生が新聞のコラムかなにかで、お書きになっていたと思いますが、アニメか何かにしたら面白いかな、と思います、でも大人向けですね、あくまで。

「祝い熨斗」。「のしのぽんぽんは!」ははは。江戸っ子っぽい噺ですが、上方版で聞くとこれはこれで違った趣、えぐった面白さがありますね。

トークでは、宗助さんの実はモテる秘話。。枝雀さんのリアクションがありありと思い浮かべられて、うふふです。

「はてなの茶碗」宗助さんのなさる「茶金さん」は、米朝師の雰囲気。軽みはあるのに、重々しい、良き旦那のお姿です。

「餅つき」。えげつない噺なんですが、お客席では、圧倒的に女性のお客様の方がウケて笑ってる(私もですが)。貧乏世帯の仲良し夫婦が展開するお馬鹿さん騒動。あほらしくも微笑ましいところが、女性の気持ちに入りやすいのかな。文我さんの描写の丁寧さが抜群に活きた噺だと思います。。。「餅をこねる」のはけっこうエロチック。(*^o^*)

スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR