遊雀・鯉朝 二人会 FINAL in 大須演芸場

FINALは、おしまい、ということではないようです。
仕切り直し、くらいの意味なのかな。
ともあれ、この地区の、お二人のファンは、これを聞いてほっとしますね。

松田久 知海 転失気

三遊亭 遊雀 湯屋番
瀧 川 鯉朝 お父さんの手紙
~中入り
 鯉 朝   荒大名の茶の湯
 遊 雀   宿屋の富

知海さんは大阪大学の落研だそうな。この頃は落研も女子の台頭が著しいようですね。。

鯉朝さんの「お父さんの手紙」、ものかき根性を刺激される噺です。。
「茶の湯」は、できれば「人まね」のおかしい所を、いっぱいやってほしいんだけどな。。。

遊雀さんの「湯屋番」、妄想若旦那の大暴走~~!!! 楽しい。
「宿屋の富」は、ちょうど聞けたらいいななんて思っていた絶妙の。。こういうときは嬉しいですね。
「宝くじ今年は買っちゃうか!」なんて思わず帰り道で会話になっちゃう、開放感!

せいしょう亭さんの会はラインナップが落語好き向けで、とてもいいですね。
こはるンバも遊雀独演会も、行きますよ! 
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR