五街道雲助 独演会 昼・夜 in 大須演芸場

昼は長屋、夜は曲輪。。。ということで。



雷 門 獅篭 仕立て下ろし
五街道 雲助 大工調べ
 ~中入り
    雲助 三軒長屋



雷 門 獅篭 時きしめん
五街道 雲助 品川心中(上)
 ~中入り
    よかちょろ~山崎屋

主催の「いたちや」さんは、この近辺では初めて拝見の「呼び屋」さん。。。どんなかな。。と思っていたら、とってもきちんと、客のことを考えてくださった、分かりやすい運営。自由席の処理や、昼夜通し客のあしらいなど、疑問のわく余地がなくて、安心できました。またいろんな演者さんを呼んできてほしいです。

さて、肝心の落語のほう。

獅篭さんひさしぶり。「仕立て下ろし」は雷門一門しかやらないネタのようです。「替わり目」に似ていますね。「時きしめん」は時蕎麦名古屋バージョン。ヤマサのちくわなのは笑えるけど、でもちくわの入ってるきしめんに出会ったこと、ないけどな。。。

雲助さんは貫禄です、独演会が名古屋であること自体がとてもうれしい。
淡々と、客に媚びない感じの語り口と、「大工調べ」などの啖呵、「三軒長屋」の喧嘩、あるいは落ちぶれ花魁のしな、若旦那の道楽ぶりなどの描写の、メリハリがいいです。過剰なところがなくて、ちょっと古風な、お江戸な。

私はこういう落語家さん好きなので、ぜひもっと聞きたいのですが、名古屋のお客さんはわりと貪欲に笑いを求める方が多い傾向があるようなので、どうかな? せっかくの良い興行なのに、大入り満員、というわけではなかったのと、いつもの常連さんたちのお姿をあまり見なかったのが、残念に思いました。
いたちやさーん! ぜひまた名古屋でなにか、仕掛けてくださいね。

  
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR