日本演芸若手研精会 なごや公演  in 大須演芸場

*二部はじめから三部途中まで、拝見しました*

入船亭辰じん 狸札
柳 亭市 楽 唖の釣り
金原亭小 駒 目薬
柳 亭こみち 兵庫舟
春風亭一之輔 夏泥
 ~中入り
滝川鯉橋 真打ち披露口上
三笑亭夢 吉 宗論
滝 川鯉 橋 井戸の茶碗

辰じん 金明竹
こみち 小粒
一之輔 短命
鯉 橋 粗忽の釘
小 駒 四段目

これ、良い会です。
なごや初上陸ですが、、、ぜひ第二弾を!
初めて高座を拝見する方もありましたが、それぞれの味があって、今後の落語界が楽しみになります。
でも、聞く方にも体力が必要ですね。。。四時間半で力尽きました。。。

鯉橋さん、端正な真打ち。ちらっと披露したお師匠さんのまねがそっくり。
一之輔さんは、もうここで言うことはないですね。。。貫禄です。
こみちさんは声優さんのような声が歯切れ良く、楽しい。
小駒さん、新真打ち決定、おめでとうございます! 四段目、芝居噺イイです。
夢吉さん、キャラが魅力的です。お坊さんと間違えられたマクラから宗論へ、なかなか。
市楽さん、仕草や目配りに愛嬌のある人です。七兵衛さんの言い訳、可愛かった。
辰じんさん。以前何度か別の会の前座で拝見した時も思いましたが、とても聞きやすい。金明竹、ちゃんと噺に合わせた言い立てが良かったです。
  
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR