三三と左龍の会 in 芸文小ホール

二人のトーク

小太郎 猫と金魚

三 三 湯屋番

左 龍 花筏

 ~中入り

左 龍 鹿政談

三 三 錦の袈裟

ほぼ同期、というお二人の会、名古屋では二度目だそうです。

前回もそうでしたが、初めのトークが面白い。サザエさんの出囃子に乗って登場したお二人が座っただけで、空気がすっかり楽しくなるようです。お互いの前名の話やら、カラオケのはなしやら。。。

前座は小太郎さん。前座として何度かお見かけしますが、そのたびごとに安定感が。今回も楽しい一席でした。(もしかすると今夜のさん喬さんの会にもおいでかな?)

三三さんは緩急自在、という言葉がぴったり。心地よく聞けます。スピード感に乗っていける。妄想若旦那とか、入れ歯のお女中さんとか、笑えすぎ)^o^(。錦の袈裟みたいな、「与太さんキャラとしっかり者のおかみさん」の話は、三三さんで聞くと嫌な感じが全然なくて、展開に無理がないので、良いなぁと思います。

左龍さんは、講釈っぽいネタのデフォルメが利いてます。芝居がかった大仰な台詞がうまい。
それにしても、提灯屋さんの勝った理由が、、、それかい!!!
鹿政談が聞けるとは思いませんでしたね。奈良のお話の「最後の追い込み」にかかっている私としては、個人的に「!」でした。

次回も決まっているとのこと。楽しみにしています。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR