春風亭一之輔真打昇進披露 ぎふ落語フェスティバル

鈴々舎馬るこ 幇間腹
柳 家小せん 欠伸指南
 桂 梅團治 青菜
~中入り~
一之輔 真打披露口上
三遊亭遊 雀 宗論
春風亭一之輔 粗忽の釘

落語好きにはたまらない顔ぶれの、楽しい真打披露興行でした。

馬るこさんの出演はぎりぎりになって決まったようですが、新味のある「幇間腹」も、よどみない口上の司会も、とってもお見事。23日の大須での独演会はぜひ脚を運びたいな。

小せんさん、個人的にこういう雰囲気の落語家さんはとても好きです。もっと聞く機会がほしい。

梅團治さん、上方らしいにぎやかな青菜。

口上、五人くらいだと、それぞれのお話がいろいろ楽しく聞けていいです。

遊雀さんの宗論、これ、たぶん他の人だと面白くないネタになりそう。。。遊雀さんは若旦那のキャラが秀逸。声の出し方だけで「西洋かぶれ」って感じが分かって可笑しい。歌上手い声もいい。あ、若旦那の時の声、石丸謙二郎さんに似ています。お顔も似ていますもんね。

さて、一之輔さん。粗忽の釘。すごい釘(笑)。破壊的だけどちゃーんと話は運ばれていく。この弾け感。パワフルだ! 「土星踊り」。。ははは。

↓こんなご本も出された由。 
 
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR